仙台の占い師「佐東 陽達」

風水,四柱推命,紫薇斗数,手相、奇門遁甲などで鑑定

TEL.022-220-0489

〒981911 仙台市青葉区台原4-12-6

トランプアメリカ大統領の運勢を2期目まで四柱推命で鑑定

トランプアメリカ大統領の運勢を2期目まで四柱推命で鑑定

このエントリーをはてなブックマークに追加

誕生日1946年6月14日生まれ
アメリカ大統領だけあって一つの五行エネルギーと大運のかかわりが半端でない。この場合はしかるべき大運が来ると風水を知らなくとも億万長者です。ただし下落するのもすごい場合もあります。暗殺計画などはアメリカなので要注意です。暗殺対策は侵入も避けるためすべて自費で行動しているようだ。防備は他人任せだと自分で管理できないので不備をつかれやすいからだ。大統領就任後は公費のは断れないでしょうから役割分担しているかもしれません。公務は国ので防護、私事は自費かも?
*五行とは「木、火、土、金、、水」の5つの生命エネルギーです。四柱推命の入門編本には必ず登場します。
四柱推命の本が一冊もない方は当ブログにアクセスを機会に購入され読まれてください。そうすると他の記事の専門用語も調べられ楽しく読めるようになります。

【命造】
年干支:丙戌+月徳貴人
月干支:甲午
日干支:己未+羊刃
時干支:不明なので推定してみるとする。
丙寅?戊辰? 己巳であれは2017年が金局になるので立春以降の事象でチェックができる。いづれ朝の生まれの可能性がある。アメリカ国土は広いのと1946年アメリカ国土は戦場にならなかったけどゴダゴダした時期で公にした出生時刻も間違っているかもしれないので、あくまでも事象との一致する時刻で鑑定がのぞましい。辰と巳では1刻違いでしかない。辰時に生まれたがお産婆さんがアバウトで自分が時計を見た時刻を記録すれば1刻はづれて記録される。
※甲己干合 午未合・・天と地とで合になるめづらしいケース
寅の時は午前3時から2時間でトランプ氏の誕生日は干支で丙寅
辰の時は午前7時から2時間で    々        戊辰
巳の時は午前9時から2時間で    々        己巳
になります。

 

【大 運】→10年単位の運勢でトランプ氏は8歳から始まる。30年単位でさらに区切られます。南方、北方などっ記載し・・・・で表示しました。これらの境目で大きな動きがあります。

大運の期間は西暦で表示 干支は大運のもので命造と年の干支とセットで鑑定します。
・・・・・・南方・・・・・・・・・・・・・・・・

1954~1963 乙未
・・・・・・・・・・・・・西方・・この時期にイヴァナ(1977年丁巳 – 1992年壬申)と結婚・・・・・・・・・・・・・
1964~1973 丙申

1974~1983丁酉・・・・「1983年に、ニューヨークのマンハッタンの目抜き通り、5番街に建設された高級アパートメントとショッピングモール、オフィスエリアを擁する複合施設「トランプ・タワー」は、トランプの1980年代における代表作として有名で、スティーブン・スピルバーグやマイク・タイソンなどのセレブリティが居住していることで知られる。」大運最後の年であることが特色

1984~1993戊戌
西方から北方へ「1980年代後半には、当時経営不振に陥っていた大手航空会社・イースタン航空のニューヨーク・(ラガーディア空港)発のシャトル便路線網を買収して、自らの名を冠した「トランプ・シャトル」を興す他異業種への展開を進めたものの、1990年代に不動産ブームが収束したことで、いくつかの子会社が経営破綻するなど苦境に陥る。」
「1990年代後半には好景気を背景にした不動産ブームの再来により奇跡的な復活を成し遂げ、著名な経済誌「フォーブス」が選ぶアメリカのトップ企業400社に再びランクインし、マンハッタンに新たな高級アパートメントを多数建設する他、ラスベガスやアトランティック・シティなどアメリカ中に多数のホテルやカジノをオープンするなど、再び「アメリカの不動産王」としての地位を取り戻した。」wikipediaより引用
→土の莫大なエネルギーを剋してのパターンです。土が忌神だから直ちに不動産業はだめとはならない。
1984年1月6日エリック誕生のちに父の政権移行チームメンバーに

1991年辛未 浮気マーラさんへ 配偶者の日支【未】は月支午と妬合で浮気、1999年卯未で木半会+羊刃で離婚

・・・・・・・・・・・・北方・・・・・・・・・・・・・マーラ夫人(1993年癸酉 – 1999年己卯)…メラニア夫人(2005年乙酉 – 現在) ……

1994~2003己亥  マーラ夫人との結婚期間がすっぽり大運に収まっています。
亥は陰水で偏財で恋人のままタイプ。 浮気相手であるがゆえです。 メラニアさんは2001年にはグリーンカードを取得。この頃にはトランプ・タワーでトランプとの同居生活がスタートとありますが 2002、2003ころ二股交際の可能性あります。まだばれていませんね。

2004~2013庚子  風水第8運と開始年が同じ。フライング・スター風水で自宅がどうなっているか!
メラニア夫人は子の陽水で正財であり奥様的存在でマーラ夫人とは違いがあるであろう。

2005年メラニア夫人と結婚のときの運勢
大運  庚子
年干支 辛酉(庚乙の干合により化金)
命造 年干支:丙戌+月徳貴人
月干支:甲午
日干支:己未+羊刃
時干支:戊辰? 丙寅は丙が化金を阻止する。 己巳は巳酉で金半会
金により土が生産的になる。甲は剋される側というより天地徳合なので庚乙は化金したまま。
子水は財で男性からは女性を意味する。メラニア夫人の命宮には庚金が年と月の干にならんで強烈である。大統領執務室のカーテンを金色にするなどドナルド氏はよほど金の五行がお気に入りの様子です。

2014~2023辛丑  2016丙申大統領候補辞めないと息子に害を与えるとの妨害があった。丙寅時か?
2017年1月20日大統領就任式で正式に大統領
丑が未を冲しているので流派にもよるが己に対し未に羊刃を取る根拠になる事象が既に噴出して
いる。 この冲のうえに辛食神が乗っかっていれば言動は金の食神がゆえに過激になる。
おそらく如何なる事態になろうがこの傾向は改まることはない。
丑月土旺時期に自動車会社への辛辣な口先介入がある。2017年は酉年であるがゆえになおのこと
である。・・・「これまでにオンライン上もしくは集会の場で行った企業批判は、一定の効果が上がっている。GM、ロッキード・マーティン、ボーイングはトランプ氏から受けた要求に早急に対応した。フォードは、メキシコでの新工場の建設計画を撤回した。ロイター報道による」金の五行に関するので重金属など他の金の五行に属する業界は特に秋ごろにピークになるでしょう。

・・・2018年はホテル・保険・不動産など土の五行に関する口先介入が考えられる。
就任して8日の農暦元旦で冬の土旺だけあってふさわしいニュースがありました。「テロリストなどの尋問手段に「水責め」などの拷問を復活させる考えを断念することを明らかにした。マティス国防長官が反対していることを挙げ「彼の発言を覆すことはできない。私は彼に従う」と述べた。五行で土は水を剋す所以である。彼の強烈な土なら牢屋の拘束方法であろう。

※就任中は2017丁酉→2018戊戌→2019己亥→「2020年庚子で月干支と天戦地冲で東京オリンピック時、子丑の合はある」。
翌年辛丑で大運干支と併臨なのは注目、こぞって日干支未を冲する。2期めざし法定任期まるまる大統領すると就任直後から明言するが、その2期1年目なお、お騒がせするのか?2年目壬寅でこの寅木がどう作用するか?息子のエリックさんと関係あるかもしれません。3年目癸卯、暗殺未遂事件はありえます。4年目甲辰、1994年借金返済のため不動産売却の屈辱は甲戌で甲が共通している。年戌を冲であり超ヤバイ!!2月3月4月が世界に激震が走るかも?借金返済のため不動産を売却したのが懲りたのか翌年の1995年から中国の風水師と契約をしている。ただし、トランプタワーにも風水的な問題があるので、どこまで相談し活用しているかによる。第7運の建物なので2004年から第8運に対応した設計になっていたか?大きな建物なので先天八卦を意識したかどうかは間取り図がないので判断のしようがない。
2018年戊戌イヴァンカさん併臨になります。政治記者は特ダネに走るでしょう。イヴァンカさんと大運切り替え年は同じです。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・東方・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

2024~243壬寅・・・2期目4年目退任の年 甲辰
風水第9運の始まりと同じ
壬寅の大運中において2026年の干支が丙午なので火のエネルギーが尋常でない。イヴァンカ令嬢も深く関与します。
退任年後も目が離せません。

トランプタワーなど華僑の風水師を活用していたとの情報があります。すると無常派風水なので内容はフライング・スター風水です。 したがって西に金を置いておらず五黄土星の東北に金を置いて選挙したでしょう。南の三殺に注意していたことでしょう。2017年から立春からアグネスチャンもトランプさんもビル・ゲイツさんも時計の位置が南に変えることでしょう。
ただし,トランプタワーは1980年代の建物です。風水師と契約したのは1995年です。トランプタワーは風水設計でない可能性があります。事後に風水レメディされたのでは風水効果は完璧ではありません。風水師完全立会の風水設計ならあのギザギザはありません。スティーブン・スピルバーグやマイク・タイソンなどのセレブリティが居住していることで知られる。

※配偶者との各3人とも大運と結婚期間が整合性あります。アメリカ大統領が在任中はともかく退任後離婚したという前例はないが・・・。丁酉の大運でイヴァナさん、のちの二人も酉年と結婚は必ず酉が関与しています。さて今年は酉年ですよ。

鑑定依頼はメールにて

なるべく初心者にわかるように専門用語の解説もつけていますが逐次すべてはかえって読みづらくなるので他の投稿も読んでいるうちにだんだんわかるように解説項目を変えています。一番はやいのは四柱推命の入門書を買って読むことです。わからない専門用語は読み飛ばしても概略はわかるように努めて書いています。

日本の国運はアメリカ次第?

日本の衆議院は西からの路冲殺である。
☆路冲殺とは建物にまっすぐぶつかる直線道路がある場合をいう。対策は可能なのでがね~ぇ!政治家は、その気ないでしょうから日本をだめにしつつあります。
西は酉の方位とされています。これがあると酉年がもめる。衆議院解散は酉年が多いのは安倍首相も認知しているところです。

1945年乙酉 ルーズベルト
1957年丁酉 アイゼンハワー
1969年己酉 ニクソン
1981年辛酉 レーガン
1993年癸酉 クリントン
2005年乙酉 ブッシュ・・・ルーズベルトと同じ干支 戦争の時期である
2017年丁酉 トランプ→アイゼンハワーと同じ干支で就任である。
★2期目である年も掲載しています。再選であればやっぱり影響はそれなりだと思います。

前回の丁酉アイゼンハワーのときの日本への影響は?
「1960年1月、「日本国とアメリカ合衆国との間の相互協力及び安全保障条約」調印のために米国を訪問した岸信介首相は、アイゼンハワー大統領との会談で、日米修好通商条約100周年記念事業として大統領が訪日することを要請した。それに影を落としたのが日本国内の安保改定反対運動でした。
ハガチー事件もあった。デモ隊が国会に突入し、その混乱の中でデモに参加していた女子大生が亡くなるという事件も発生。政治情勢はさらに混沌となりました。
このときの首相は奇しくもおじいちゃんの岸首相で退陣を表明しました。大統領の訪日延期について「米国官民に深刻な衝撃を与え、我国の国際信用を著るしく低下せしめ、今後の日米関係に大きな影響を与えうるもの」といわれています
今年はこのときの干支と同じ丁酉です。さて孫とトランプさんとでは?安保から60年後また己亥がやってきます。翌年庚子で東京オリンピックにつき意味深です。

*大統領任期4年なので3倍は12支つまり将来とも酉年任期は来るということです。

 

わからない用語、鑑定文の読み解き方法については→ 四柱推命通信講座 http://green.ap.teacup.com/uranaikouza/

« »

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です