仙台の占い師「佐東 陽達」

風水,四柱推命,紫薇斗数,手相、奇門遁甲などで鑑定

TEL.022-220-0489

〒981911 仙台市青葉区台原4-12-6

11月

大富豪の鉄則その1・・・・・ハリーポッターの女流作家

中華圏の大富豪は四柱推命で時期をつかみます。(欧米はホロスコープ)

 

通変星である食神・傷官が財星を生み出す命造は身旺で発財します。

よって四柱推命で、その時期にドンと大きくでます。

大富豪は経済的合理性があるものに投資します。その時は四柱推命で発財する時です。

もしくは玄空飛星派風水でレメディを施してからします。

中華圏内で経済活動するなら発財って?旺財って?とわからないと門前払いです。

門前払いされるのは感情的でリーゾナブルに投資できないのは冲や合など多く騒がしい八字構造の時です。

専門用語でもピンとかぎわけられる人が投資で大富豪になっています。

でも貧格では同じことしても結果はたいしたことありません。

格局が違うときは大富豪の行動をまねても同じようにはなりません。

ハウツー本で納得いかない人は目から鱗でしょう。

 

運も実力のうちと納得しておいて鑑定してもらわないのは貧乏の鉄則の方になります。

大企業がごまかし後どんどん貧乏になっていくニュースがなんとおおいことか?

貧乏鉄則に忠実だからです。

 

人生前半(作家として成功する前)は、結婚に失敗しそして職を失いシングルマザーであった。

そんな彼女は貧困層であった。それが一発逆転の大富豪は四柱推命で解き明かされます。

調候不足だった彼女が北方をめぐるのが1998年でハリーポッターの大ヒットとみごと一致します。

1999年己卯は木局以上であり得た印税は7桁というが最低が10,000,000ドルで億万長者である。

 

才能の星、食神傷官をコントロールできた大運のことです。忌神で大富豪!そのへんの街中のブースの占い師では

この辺は解明できないでしょう。生まれた時間関係なしにやっている人が多いです。

2018年から新しい大運になりますのでこれまでとは違う人生になっているでしょう。

 

生活保護から指折りの大富豪になったJ・K・ローリング

・・・・・ハリーポッターの女流作家

 

四柱推命では

【命造】

年;印綬乙巳 亡神

月;正官癸未

日;  丙戌

時;正財辛卯

 

大運【10年単位の運勢】

1965年生

立運3歳

 

干支→開始~終年→特記事項

・・・・・西方から開始・・・・・・・・・・

夏の土旺生まれなので金が脆い。土多埋金の憂い

甲申 1968~1977
乙酉 1978~1987 1987年劇作家オバルディアの『農場の宇宙飛行士』で衣装係に任命

 

丙戌 1988~1997 併臨 貧困 1990年までに書いた2つの小説は陽の目を見なかった

1990年12月30日に母アンが45歳で亡くなる。

庚午年なので、南方合になり燥土が過度になる。

年干の印綬が乙なので燃え尽きてしまった事象である。

※丙日生まれは午に羊刃が付く・神殺は多用していけないが羊刃は、

このように使えます。

1992年壬申結婚、1993年癸酉長女誕生。

しかし、調候「水」は2年しかないため結婚は破綻

癸正官が食傷に剋されたが故である。

燥土のため金は通関神にならない。焚木の憂いがある。

1997年→まさに方運の最後が「7月26日、

『ハリー・ポッターと賢者の石』がハードカバーと

ペーパーバックの両方で出版された。

ハードカバー版の刷り数は500部と少ない

しかし、北方をめぐる直前丁丑年であり月干支と天戦地冲

であっても癸が丑に通根のため北方を1年早めた形になる。

 

・・・・・ここより北方・・・・・・

命造の燥土の食神傷官が水分を含むようになる。このことにより土生金で食生財となる。

 

丁亥 1998~2007 ハリーポッターで大富豪

1999年6月末、火旺の時期、比肩劫財が強くなる。

4度目に受け取った印税は7桁の金額になる。

正真正銘の億万長者になった。

戊子 2008~2017 現在は、この大運の最後の年

己丑 2018~2027

 

・・・・・・・ここより東方・・・・・・・・・・

庚寅 2028~2037

辛卯 2038~2047

壬辰 2048~   2048戊辰 食傷強く土の刑があり大運の境目83才

 

 

2018年吉方位のパワースポット紹介

仙台のフリーペーパー「シティリビング」
>私が取材されて掲載されました。
配達になっていなくとも下記URLをクリックすると掲載場所ページから一発で私のインタビューでの風水記事が見ることができます。

2017年12月と2018年の吉方位がわかります。
東北のパワースポットでの過ごし方なども
いかに同じ場所で2時間以上過ごすかがだいじです。
行けばいいというものではありません。 https://book.living.jp/ebooks/cityliving/sendai/cl/20171110/index_h5.html#2