仙台の占い師「佐東 陽達」

風水,四柱推命,紫薇斗数,手相、奇門遁甲などで鑑定

TEL.022-220-0489

〒981911 仙台市青葉区台原4-12-6

研究事例

脳の楔前部の大きさと幸福感の関係が科学的に解明された!

脳の「楔前部(けつぜんぶ)」の大きい人ほど幸福感を感じやすいと医学研究発表
-それでは先天的なことなので、もしかして、そのような能持ち主は四柱推命で貴富格かもしれない。

脳の契前部が大きい人の社会的地位、所得などとの相関関係も調べたらもっと科学的であろう。
じゃ努力しても大きくならないのか?少なくとも子供のうちは後天的に大きくすることができるかもしれない!!
住まいが玄空飛星の風水でレメディした家で育つ子供は脳の楔前部が発達していることであろう。
したがってこれから親になる人は玄空飛星の風水で自宅をレメディしましょう。幸せを感じられる人生を歩む子供に老後の面倒をみてもらえれば自分のは小さくとも?☎▼★*◎・・・ダーツの旅ではありません。

マンゼ(バイオリニスト)

1965年1月14日 イギリスのバイオリニスト兼指揮者

命造
年;甲辰(偏官=バイオリン会の異端児という異名がある。)
月;丁丑(音楽学者として印綬丁)
日;戊辰
時間は不明(丁巳?演奏家なので傷食の働きが良くないといけません)

正財格(水旺)

用神 戊
喜神 火土
忌神 金水木
徴候 火
水旺といえども日主柱に根、印からの生もあり、そんなに身弱ではない。字は土に該当するので身強のように見える方は水旺と土旺の違いを勉強してください。

大運(立運7歳)

東方は年干甲の根となりイングリッシュコンソートのコンサートマスター 甲偏官がほどよく疎土
南方からピノックの後任で監督 2003年癸丑 朋冲があると大きな事象がある。墓庫が開くどうのこうのではない。
2006年指揮者として初の常任指揮者 丙戌である。これも朋冲。大運辛傷官で忌神でもコントロールされているので逆に月干支丑の蔵干に根があり表現の幅が広がる。レパートリーがバロックだけでなく古典、ロマン派へ。現代楽器のオーケストラの常任指揮者にもまっている。忌神だからただちに凶運と自慢げに鑑定している占い師がデパートなどのブースにいますのでご注意を!!

生まれ時間が推測とおりであれば財官、調候よろしく五行の流れ、バランスも優れ生涯、順帆満帆であるに違いありません。

 

 

土旺の水局(辰子申)は?

滴天髄の事例

甲子
戊辰
庚申
壬午

土旺なので蔵干はそのまま四支固有根
滴天髄においては、そのため甲木を用神とし喜神木と火と解説している。原局で水局としてみると喜忌は逆転する。
ただし大運、年で水局以上では水局として蔵干を変える。
丑月土旺においても同様で北方なしとなります。これも大運支により蔵干は変わる。
大運で特定の10年だけ喜忌が変わることもあるので注意を要する。

拱で午申の間に未があり天乙貴人とかの判断には批判的に書かれています。

画像をクリックするとアマゾンで滴天髄の本がさがせます。

滴天髄全訳精解―明朝版 

滴天髄って知っていますか?四柱推命の聖書です。

書店の四柱推命の本の原書の一つは「滴天髄」で日本語でわかりやすく書いてあります。
しかし、全部は1~3冊の本では書ききれないので省略されお弟子に口伝という形で
伝えています。

「滴天髄」にある事例
万年暦で調べると2007年11月6日16時前後の生まれ今年の誕生日で13歳中学生も同じになります。
事例は中国の高級官僚として成功した方ですから、今生きている同じ命造の方は勉強部屋を玄空飛星の風水で改善すれば
末は大臣とまでいかなくとも大蔵省高級官僚とかでありましょう。(土旺ではありますが節入近く亥月の影響もあり根があるので壬は本物の働きをします。)

新しい万年暦で八字だけは同じになるのだけ抜書きして集めれば現代版「滴天髄抜粋」になりますでしょうか?
<時干支の問題>
同じ八字でも2時間以内に限定するとまったく同じにはなりません。国が違えば育つ風水そのものも違いが出てきます。
同じ申でも鉄板神数の鑑定のように家族がどうなるかも違いが出てきます。幼少のころの家族の誕生日まで同じにはなりませんから家族からの影響により人生も変わってきます。

年;丁亥
月;庚戌
日;甲辰
時;壬申

間違いやすいところ
戌辰の冲去ではありません。
申辰は子がないため半会にもならないように見えますが甲壬があるので
水半会ですが情専一でないため4支固有根で甲日主は無根とはしません。
このあたりは市販されている本には書いてありません。

丁は弱いが戌に根があり用神としては十分で大運が丁未にて科甲連登(南方は甲木の進気)
傷官だから公務員がだめという鑑定にはならない。

大運己酉で西方合で極弱でもあり金の官殺は忌なので公務員は不向きと鑑定するのが街中の
占いブースのおばさんたちの平均的なレベルで間違いが多いです。滴天髄を話題にして反応を
みれば次元がわかります。開業しているのに初耳!実際いますよ。

金が強すぎて日主が弱くても大運のめぐりで剋すると善化して、なおかつ、すごいパワーになります。
一般に喜神は弱いのでそこそこになることが多い。
大運の流れをみて命造で強い五行(忌神)を剋せる時期の判断がだいじです。
その時期が来る前にお住まいを、経営者は会社を玄空飛星の風水でレメディしておかなければいけません。
たいていは強い忌神を剋せる大運に来ても不足なのが一般人です。
風水だけで人生一発逆転にはなりません。四柱推命、紫薇斗数、奇門遁甲も導入する必要があります。
そこまでしないといけないのやれやれと御託をならべる人は完全に天界の魔物にやられています。
魔にやられやすい人は普段あまり努力せず自己本位な人に多いです。

滴天髄に書いてある通りこの大運は!と期待して実際にその年齢になって肩すかしということも。
玄空飛星の風水鑑定も依頼しないで占い師にあたっていないと恨みの生霊を飛ばさないこと。
自分の御魂が欠けて、そこに邪気が入り運気を落とします。
御魂の穢れは風水で治せません。神社に毎月参拝しなければいけませんがやればいいというものでもなく
方法が正しくないと風水で山星で2や5の影響を受けていればなおのこと御魂にヒビが入ったままになります。